ソン・シギョン作曲 キュヒョン歌 今年話題のコラボ曲誕生

      2017/01/27

歌手活動よりも料理番組やバラエティーに出演しているほうが多いのでは?

という二人のニュースです。

スポンサーリンク

20161019_1476862843_05423600_1(TVレポートニュースより引用)

ソン・シギョンが曲を書き、そして、キュヒョンが歌を歌う。2016年話題のコラボレーションが

誕生しそうだ。

スーパージュニアのメンバーキュヒョンが11月中旬に3枚目のソロアルバムを発売する。

2014年11月に1集、2015年の10月に続き、2016年11月バラードアルバムを発売予定。

肌寒い秋の季節と、ボーカリスト・キュヒョンの魅力が相まってシナジーを起こしそうな

予感だ。キュヒョンは10月から11月にかけてそろコンサートを開催予定。ここでギュヒョンは

新しいアルバムの収録曲を初披露できるよう準備中である。

特に今回のアルバムには歌手の先輩であるソン・シギョンが参加している。ソン・シギョンは

歌ではなく作家としての参加である。普段から仲の良いソン・シギョンとのキュヒョンの

コラボレーションに音楽ファンの期待が高まることはまちがいない。

キュヒョンは2014年に発表した「光化門で」で「ポスト ソン・シギョン」と評価され、

スーパージュニアのボーカルメンバーとして知られていたキュヒョンだが、卓越した実力が認められ、

大衆への認知度も広まった。

スポンサーリンク

2016年に発表される今回のバラード曲もヒット、注目の予感。

(TVレポートニュースより引用)

キュヒョンは8月に声帯結節のため、レギュラー番組の「ラジオスター」を2週休んで

少し心配しましたが、もう大丈夫なんでしょうね。

個人的にはソン・シギョンの歌が好きなので、料理ばっかり作ってないで今回のように

もっと音楽で話題になって欲しいものです・・・

声帯結節

左右の声帯にできるタコのようなものと表現されることが多く、多くの場合、長期に

無理な喉の使い方をしたことで、左右の声帯のもっともよく接する部分が硬くなって

タコができたような状態になることを指すとされます。

声帯結節になると、声が正常の状態のように出せず、声がかすれるような症状があら

われます。

スポンサーリンク


 - ニュース