浪漫ドクター キム・サブ 主要登場人物紹介!

      2017/01/27

ハマっております「浪漫ドクター キム・サブ」の登場人物の紹介をしていきます!

まずは主演の3人の紹介を。キム・サブからいってみよう♪

ch92182091_w666_h968

キム・サブ(ハン・ソッキュ)

スポンサーリンク

彼の本名はブ・ヨンジュ。 
国内唯一のトリプルボード外科医。一時は「神の手」と呼ばれていたが、今は自らを浪漫ドクターと称し、隠遁生活を楽しんでいる真の変人医師。
ブ・ヨンジュは素早い判断力と勇敢さ、そして優れた手術の技術まで、外科医として必要なものを全て兼ね備えた実力のある医師であった。一般外科、胸部外科、神経外科までトリプルボードを達成し、国内唯一無二の実力、それに加え97%という驚異的な手術成功率をうちたてた。

そんな彼が急に病院を去ったのは、たった一人の死だった。世の中に死んでも良い命などない。しかし、死なない命もない。医師は神ではないので全ての人を助けることはできない。
しかし・・・そうであっても、その患者は間違いなく助けられたのだが・・・死んでしまった。

キム・サブという平凡な偽名でドルダム病院に定着したブ・ヨンジュはそこでそれなりに平和で幸せな生活を送っていた。そうだったのだが・・・!彼の人生に二人が転がりこんでくる。
二人は師匠のようになろうとする。成り行き上、みっちり仕込んでやるか。師匠と弟子という概念が希薄になっている今の世代に彼は果たして正真正銘の師匠として二人を仕込むことができるのか・・・

ch75906886_w666_h968ユン・ソジョン(ソ・ヒョンジン)

熱血医師、別名狂ったクジラ。
“愛を知らない奴は白衣を着る資格もない。愛なくしては真の治療はできない。
だから私は一瞬たりとも愛を注ぎ続ける。愛を注ぐのをやめた瞬間、私の心臓も
止まってしまうから!“
スポンサーリンク

ソジョンは誰かに認められたくて死ぬ気で医師になった。死ぬほど努力してようやく他の人についていけるもの。少なくともヒトに迷惑をかけるような医師にだけはならないというのが彼女のモットー。そうして体が壊れるほどに力と情熱を注いで病院生活を続けてきたが、そんな彼女の前にツンデレが一人現れた。
インターンの中でいつも一人でいた奴、だが実力はありそうな奴、それがカン・ドンジュだ。
え!あいつ、性格がものすごく悪いったらありゃしない。生意気なだけでなく協調性ゼロ! 口が悪い! そんなのをクールだと勘違いしている最悪なやつ!ダメだ!お前、医者になるより先に人間になれ!そうやってカン・ドンジュの調教を始める。
時に幼稚に、時に軍よりも厳しく、やりすぎたという時は時々やさしくして、そうやって奴の傍若無人なところを一つ一つ治していくのだが、ゲッ!何これ?あいつが私を好きだと突然告白?困るんだけど…

ch43606216_w666_h968

カン・ドンジュ(ユ・ヨンソク

外科専門医。 すごい!自分が一番すごいと思っている。自分以外の人に一切興味がなく、知ろうとも思わない。ただ、自分のことだけに集中している。

貧しい家に生まれたが、贅沢な生活がしたく、だから医者になろうとした。記憶力の良い頭、健康な体、一度こうと決めたら揺るがない精神力。貧しくて世間に振り回されて生きるなんてまっぴら。医大に入学した後、6年オール主席で終え、専攻医を経て外科専門医の資格を、それも全国1位という成績で取得する。

すばやい判断力と手さばきで外科課長からも認められ、そのうえ全国1位にまでなった彼の未来は明るいものだろうと思われた。

しかし、彼に訪れたVIPの緊急手術で失敗してしまう。ドンジュの立場は1日でがらっと変わってしまう。そして、ドルダム病院への左遷!医大6年、インターン、修練過程5年、合わせて11年を自身の成功と出世のために駆け抜けてきたが、たった1日でこんなことになるとは!

人生最大の危機を迎え、さまよった末にドルダム病院へ向かう… 彼は全然知らなかった。そこで彼女にまた会えるとは・・・。

スポンサーリンク


 - 浪漫ドクターキム・サブ