ラジオスターの出演交渉力はすごい! 「思い切りハイキック」が10年ぶりに実現

      2017/01/27

ソウルに住んでいた頃にいつも観ていたシットコム「思い切りハイキック」の出演者たちがラジオスターに登場するとのことで、気分アップ!当時はすごい人気のシットコムでこの番組からスターが誕生したものです。このラジオスター出演の速報の記事を見つけましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

(ヘラルドPOP引用)

201612011809039140490_20161201182953_01_99_20161201203706

(画像MBCより引用)

ラジオスターの恐るべし出演交渉力、今回は「思い切りハイキック」だ。

12月1日、MBCのバラエティー番組「ラジオスター」製作陣は公式ツイッターで「イ・スンジェ、チェ・ミニョン、シンジ、キム・ヘソンを目撃した人は通報してください。」と告知、「思い切りハイキック」特集を公表した。

「思い切りハイキック」は、2006年11月6日から2007年7月13日までMBCで放送されていたシットコムで、視聴率20%を超える人気番組であった。最近ナ・ムニのパロディー「호박 고구마(日本語だと安納芋でしょうか?)」のセリフはこのシットコムで誕生した流行語である。イ・スンジェの「야동 순재(アダルト動画スンジェとでも訳しましょうか)」というニックネームもこの番組から誕生、謹厳なイメージを打ち破った。
 
キム・ヘソンとチョン・イル、パク・ミニョンは、「思い切りハイキック」でスターとなった。(ちなみにキム・ボムもじゃないかと思いますが・・・)彼らは最近まで活発な活動を続けており、特にチョン・イルは「思い切りハイキック」以降「帰って来た一枝梅(2009)」「太陽を抱く月(2012)」「夜警日誌(2014)」を経て新たな韓流スターに成長した。

スポンサーリンク

それだけではない。イ・ミニョン役で出演していたチェ・ミニョンは、10年以上の空白期間の後、「覆面歌王」で華麗に帰還したところだ。彼がラジオスターでこの空白期間をどのように過ごしたか、その内容に注目だ。また、10年ぶりに集まった「思い切りハイキック」出演陣が語るエピソードにも注目だ。

また、ラジオスターの良いタイミングでそれに合った人物を呼ぶ交渉力が話題となっている。東方神起メンバーであり(メンバーであったというのが正しい?)ミュージカル俳優のキム・ジュンスとEXIDハニの熱愛報道が明らかになった時にハニがゲストで登場したり、 先日結婚報道が出たH.O.T.のムン・ヒジュンも最近ラジオスターの収録を終えたとのこと。

ラジオスターといえば始まった当初は地味な感じでしたが、必ず面白いと安心して観られる番組となりましたね。「무릎팍도사(ヒザ打ち導師)」のおまけみたいな感じでしたが、いまやその存在感はすごいものですね。近々BIG BANGもメンバー全員で出演とのこと、また番組の様子を紹介しますね。 

スポンサーリンク


 - 番組