続報! ユ・アイン 兵役問題について初めて発言する

   

俳優ユ・アインの兵役問題について、昨日骨腫瘍で闘病中という報道がありましたが、本日はそれについてユ・アイン本人が発言したとのこと。成り行き上、このニュースもご紹介しましょう。(Dispatchの記事要約)

スポンサーリンク

自身の身体の状態について、そしてこの2年間の兵務庁の身体検査の過程についての発言。沈黙を通していたユ・アインが16日、所属事務所のUAAを通じメッセージを発信しました。

以下翻訳文です。多少変な日本語があっても我慢してくださいね。

 

俳優ユ・アインです。

最近私の作品活動への復帰と健康問題とに関連し、メディアの報道により兵役問題について再び拡散していっています。所属事務所の公式発表にも関わらず混乱が続く状況を見て、私は個人の兵役義務の履行に関する様々な事について、社会の注目度の高い公人として世の中に(それについて)透明化し、共有しなければならないと強く認識しました。

私は兵役義務の履行の遅延について明確な事実関係と現在の混乱について私の立場を明らかにし、多くの方々の関心と心配が入り交ざった声に答えようと思います。これに先駆け、当事者ではない第3者による個人の医療情報流出について深刻なほどの憂慮と遺憾の意を表します。

私は2013年、映画「カンチョリ オカンがくれた明日」のアクションシーンの撮影中右肩の筋肉が破裂するという負傷を負い、その後2014年映画「ベテラン」のアクションシーンの撮影中、この負傷部分が深刻化し、酷い痛みを再発するという状態となりました。軍入隊時期が近づいた状況下で私はこの負傷に関し、様々な治療を慎重に平行しながら活動を続けてまいりました。

しかし、負傷部分の痛みと、激しい動きをした時の違和感が続き、2015年に負傷部分のMRI検査を行うこととなり、右肩筋肉の破裂(SLAP)の診断を受けました。また、検査の過程で同じ右肩の回旋筋腱板の関節付着部に「骨腫瘍」が見つかり、経過観察が必要との所見も同時に受けました。

当時の身体状態では正常に兵役義務の履行が不可能だという専門医の所見に従い、2015年12月その診断書をテグ地方兵務庁に提出し、身体検査を経て判定保留等級に該当する7級の判定を受けました。

これは負傷が発生したり、疾患が発見され、これについて経過観察が必要な兵役検査対象者に下される判定です。兵役判定4級に該当する「代替服務」でも5級の「兵役免除」判定でもありません。

兵役判定に影響を与えうる負傷や発病がある場合、兵務庁は指定病院の専門医による兵士用診断書と再身体検査を徴兵対象者に要求し、その検証と身体検査、結果判定は兵務庁中央身体検査所の軍医官と検査官により徹底して行われます。

スポンサーリンク

私は負傷と疾患部位について治療と経過観察を続けましたが、その症状が繰り返し起こりました。検査結果、普通の良性腫瘍と違い骨腫瘍の非正常的な発育が見られ、この症状が続けば肩の関節に致命的な損傷を引き起こすことがあると専門医の所見と検査官の判断により2015年12月、2016年5月に徴兵検査結果7級の判定を受けました。

この後も私は2016年11月青龍映画祭のハンドプリントイベントの2日前に左の鎖骨を骨折するという負傷を負ってしまいました。男性芸能人の負傷や健康上の問題が兵役忌避の手段と誤解されやすいという現状を認識していたため、疾患や追加で負った負傷による不必要な混乱は避けようと私は決まったスケジュールをこなしながら健康上の全ての問題と詳細についてメディアに公開しないことを選択しました。そして12月15日、再身体検査で再び兵役判定7級の判定を受けました。

私の健康上の問題と兵役義務の履行の延期理由を明らかにすることが今できる最善の事だと思っております。大韓民国の社会で俳優生命に直結する混乱とイメージの毀損を避けるため、ただ沈黙し続けた私の選択に深く反省しております。

兵務庁の回答によると、現行の兵務法は満36才以下の男性を軍服務可能な対象者として定めています。現在私は負傷と疾患部位の経過観察とリハビリ治療を平行しており、日常生活に大きな支障はきたしておりません。

骨折は自然と治るであろうし、確かではありませんが骨腫瘍の非正常的な発育が進行しなければ兵役義務の履行が十分に可能だと思われます。私はこれについて確固たる意思を持っております。

個人の欲と成就、そして社会的責務と要求が複雑に縺れた今回の騒動を通じ、私のこととそれが作る人生の重みと責任を改めて痛感しました。そして、これに関する全ての混乱までも私が耐えねばならない現実として受け入れようと思います。

スポンサーリンク

一部の特権層と有名人たちに続けて発生した兵役忌避事例を見ながら、大韓民国国民たちが幻滅していることも私は知っております。より多くを享受し、より多くの権利とより良い待遇を要求しながらも国民としての義務を果たさないということは決してあってはなりません。

予想だにしなかった疾患と不注意による追加発生した健康上の問題を皆様にお話できなかった私の不覚が多くの方をより心配させ、軍の問題に敏感な世論を騒がせたことを残念に思い、愛情と関心で私を見守ってくださった全ての方に心よりお詫び申し上げます。

皆様と同じように私の身体は私の魂の器であり、外界と衝突する壁であり、同時に私の内面を表現する道具です。私の負傷と健康上の問題は、現在の混乱を招いた私の不幸であり、兵役忌避のための道具では決してありません。

私の不幸が他人に許しを請う問題と言う現実が個人的にはとても辛いのですが、全て世間の関心と愛を通じ成長する俳優としての責務として受け取ろうと思います。

この騒動で傷ついた多くの方々の憂慮を洗い流し、国民として義務を履行し、社会的な影響力を持つ職業人としての使命を果たす所存です。健康な社会の一員として努力いたします。

ありがとうございます。

 

かなりの長文で翻訳してて途中くじけそうになりましたが、今までの兵役忌避事件を見ていて絶対に同じようには見られたくないという一心で本当のことを隠し続けていたのですね。昨日の情報にはなかった鎖骨の骨折まであったなんて大変だったと思います。本人はそんなつもりはなくても誤解を受けてしまうでしょうし、今回の件はこの展開が正解だったのではないかと私は思います。

スポンサーリンク

 


 - ニュース