韓国ドラマ 逆賊 第7話 ラスト3秒のインパクト

   

毎週楽しみのMBC月・火ドラマ「逆賊:民を盗んだ男」第7話。この回は色々な所でストーリーが進んでいきます。

スポンサーリンク

最後のほうですが、ついに稀代の暴君ヨンサン(キム・ジソク)の登場、そして後のチャン・ノクスであるコンファ(イ・ハニ)とホン・ギルドン(ユン・ギュンサン)、そしてカリョン(チェ・スビン)が中心の回でした。

先週崖から落ちたギルドン(ユン・ギュンサン)とオリニ。助かって陸に上がります。気を失ったオリニの目が覚めないままその側にいたギルドン(ユン・ギュンサン)は眠ってしまいます。その間にオリニは目を覚まし、ギルドン(ユン・ギュンサン)の手と繋いでいた紐を解き放って水を探しに行きます。そしてその時何者かに連れ去られてしまいます。オリニの危機を察知して目を覚ましたギルドン(ユン・ギュンサン)はオリニを探しますが見つけられず・・・

怪我を負っているギルドン(ユン・ギュンサン)は助けられコンファ(イ・ハニ)とカリョン(チェ・スビン)の所までたどり着き、倒れてしまいます。怪我から回復したギルドン(ユン・ギュンサン)は一部の記憶を失っています。瀕死の重傷だったギルドン(ユン・ギュンサン)の回復にコンファ(イ・ハニ)は「力士」ではないかと疑いを持ちます。

ギルドン(ユン・ギュンサン)とコンファ(イ・ハニ)は共に過ごす時間が増え、だんだん二人の仲は近づいていきます。だって、再会したら俺たち運命だってギルドン(ユン・ギュンサン)は言い放ってますからね。しかし、ギルドン(ユン・ギュンサン)は最初それを覚えてませんでしたけど。歌を楽しむ二人はとても美しいです。そしてその最後に「母さん」と言う男の子が登場します。ちなみにイ・ハニは大学時代、ソウル大学で国楽を専攻していたので、今回の出演が決まってパンソリ(歌)などを再度練習したとのこと。曲の選曲まで手がけたとか。

スポンサーリンク

さてさてコンファ(イ・ハニ)には息子がいたのですね。不幸な過去、自分の息子に冷たくする理由をこのあとギルドン(ユン・ギュンサン)に告白します。

傷はきれいに回復したけど、何か胸につかえる感じがする、その理由がわからないそれを探し回りながら、ついに妹のことを、全ての記憶を思い出します。 そしてこれと平行して、妹のオリニが何者かに連れ去られどこかに閉じ込められていることと、なんとアモゲ(キム・サンジュン)が生きていることが明らかになります。ちなみに、ギルドン(ユン・ギュンサン)の兄さんのギルヒョンも生きてましたよ。

 

エンディングは、オム・ジャチ(キム・ビョンオク)が古い御堂を訪ね、そこにはアモゲ(キム・サンジュン)が隠れているというところで終わります。

この鋭い眼差しのシーンがかなり話題となっていますね。ストーリーは軽快に進んでいったのですが、何か足りないとおもってましたが、まさにこれでしたね!!

第8話もかなりの展開しそうですから、期待しながら放送を待ちましょう。

スポンサーリンク


 - ドラマ, 逆賊