韓国ドラマ 逆賊 第8話 再集結ギルドンの仲間たち!

   

MBC月・火ドラマ「逆賊:民を盗んだ盗賊」第8話。前半はコンファ(イ・ハニ)がヨンサン(キム・ジソク)を初めて見ることに至るまでの話、そして後半はついにアモゲ(キム・サンジュン)の仲間たちをギルドン(ユン・ギュンサン)が集めていく過程を描いています。

スポンサーリンク

ギルドン(ユン・ギュンサン)は記憶を取り戻し、妹とギルヒョン兄さんを探すためコンファ(イ・ハニ)の元を離れます。必ず戻ると言い残して・・・しかし、コンファ(イ・ハニ)はギルドン(ユン・ギュンサン)を待つことができず、そしてギルドン(ユン・ギュンサン)を待っていたのはカリョン(チェ・スビン)だけ。それはギルドンがいない間に王の崩御があり、世の中が急速に動いたため。そんななか、死んだと思っていたアモゲ(キム・サンジュン)が生きていることを知るギルドン(ユン・ギュンサン)。

そしてギルドン(ユン・ギュンサン)はアモゲ(キム・サンジュン)の仲間たちを探し始めます。まずはなんといってもこの方、ソブリ(パク・ジュンギュ)。胡散臭い占い師をやってました。そして一人一人を探していく過程も面白かったのですよ。そしてソブリ(パク・ジュンギュ)と他の仲間たちはついにアモゲ(キム・サンジュン)と涙の再会を果たします。ちなみにここまでアモゲ(キム・サンジュン)はまともなセリフは一言も話しておりません。

ギルドン(ユン・ギュンサン)は皆で作った村に戻ろうというのですが、みなその言葉に反対します。そしてギルドン(ユン・ギュンサン)は「ようやくわかった。俺たちが幸せに暮らすことは、自分たちの手にかかっているのではない。俺はごろつきよりももっと酷いことだってできる。あの人たち(ここでは両班たちや位の上の人)は俺らのような者を人として見ない。それも俺たちのせいだ。あの人たちが俺たちに人ではないと言った時、何も言わなかったからだ」と力説します。そしてそんなギルドン(ユン・ギュンサン)の姿に、初めてアモゲ(キム・サンジュン)と仲間たちが集まった日のことを皆思い出します。

スポンサーリンク

 

ソブリ(パク・ジュンギュ)が「これから何をどうしようっていうんだ」と言うとギルドン(ユン・ギュンサン)は「アジェ(おじさん)・・・まずホ・テハク(この人アモゲに耳を切られた人)を捕まえてチュンウォングンに罠をしかけます。」というと「まずホ・テハクを捕まえて・・・」といかさま僧侶のイルチョンが続けます。そしてアモゲ(キム・サンジュン)とのシーンへ。さすがに作戦は視聴者にも教えてくれないのですね。

「すぐ温かくなりますから。」と火鉢をいじるギルドン(ユン・ギュンサン)に「チュンウォングンを捕まえようって?」と問うアモゲ(キム・サンジュン)。「はい」と答えたギルドン(ユン・ギュンサン)にアモゲ(キム・サンジュン)は

「狂った奴」と一言。

あの表情とこの一言だけで第8話を観た甲斐があった!と感じる存在感溢れるアモゲ(キム・サンジュン)でした。

通常は次回の予告が少し流れるものですが、今回はまったくどこにも次回の情報が出ていません。う~ん、気になる!!来週も楽しみです!!!

スポンサーリンク

 


 - ドラマ, 逆賊