韓国ドラマ 逆賊 第16話 再びバルパナ~(ギルドン) 

      2017/04/26

MBC月・火ドラマ「逆賊:民を盗んだ盗賊」第16話。第15話から4年後、ギルドン(ユン・ギュンサン)と仲間たちは暮らしもより豊かになり、宮中の妹オリニは掌樂院へ、そしてギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ)は相変わらず地方を回りながら朝鮮の現状把握をしているところ。

スポンサーリンク

第16話は実はいつもギルドン(ユン・ギュンサン)だけを見守り続けたカリョン(チェ・スビン)の気持ちがついに通じた?という内容がメインでした。

カリョン(チェ・スビン)は縁談話を利用してギルドン(ユン・ギュンサン)の嫉妬心を刺激します。縁談相手を遠くから見ながら相手をけなすギルドン(ユン・ギュンサン)が非常にかわいかったのですが、残念ながら映像がございません。。。画像でご勘弁を↓

そして嫉妬心を十分に引き出した後、カリョン(チェ・スビン)はギルドン(ユン・ギュンサン)に告白をしますが、まだも「女として見れない」と冷たくあしらうギルドン(ユン・ギュンサン)。ショックのカリョン(チェ・スビン)は家出をしようとして荷物をまとめるのですが、結局飛び出せず・・・。そこにギルドン(ユン・ギュンサン)が。「俺が誰かわかって好きなのか?俺はごろつきだ。ごろつきの女として生きるのではなく、他の人のように平凡に生きろ。お前を危険にさらしたくない。どうしたらいいかわからないんだ。」と言った後、ギルドン(ユン・ギュンサン)はカリョン(チェ・スビン)にキスをします。

どうもキュンキュン感が感じられないのは私だけでしょうか・・・。余談ですが、このシーンの影響かわかりませんが、この回は自己最低視聴率記録を更新したとのことです。逆賊を観ている視聴者は、ロマンスはあまり望んでないのでしょうかね・・・。しかしこの幸せがいつまで続くやら・・・というのは、ギルドン(ユン・ギュンサン)が没落させたチュンウォングンが逆襲を開始したから。

スポンサーリンク

チュンウォングンソン・ドファン(アン・ネサン)の助言で起こした行動でギルドンファミリーのクッセが捕らえられてしまいます。ですがギルドン(ユン・ギュンサン)の人脈を使った作戦でクッセは釈放となります。そしてギルドンファミリー皆でクッセを迎えに行ったのですが・・・

「チュンウォングンがどうやって解放されたかわかったぞ。誰かがチュンウォングンが誰かの罠にはまったのだという嘆願したそうだ。」と報告するイルチョン。するとあの不吉な声が・・・

「バルパナ~」

振り返ると宿敵チュンウォングンとその脇にはモリが。

このチュンウォングンの背後にはチャムボン夫人(ソ・イスク)、そしてギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ)の恩人のソン・ドファン(アン・ネサン)、それからスピード出世をしたチャムボン夫人(ソ・イスク)の息子スハクが。そしてホ・テハクの右腕だったモリもいますね。このモリは、ギルドン(ユン・ギュンサン)の周辺を嗅ぎまわり、カリョン(チェ・スビン)がギルドン(ユン・ギュンサン)の女だという情報も手にしています。

やはり平和な日々は長く続きそうにありませんね。ギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ)やオリニのシーンが増えてきていますから、何かストーリーに大きく関わる日がくるのが近いのでしょうか?早く再会するとよいのですが・・・。

スポンサーリンク


 - ドラマ, 逆賊