お家ご飯ペク先生 レシピ☆ビビンバに深みをプラスするタレ

   

「お家ご飯ペク先生3」で超簡単な黄金レシピが紹介されました!今回のレシピはビビンバに深みをプラスする秘密のタレ。コチュジャンだけよりも深い味がでますし、もちろん韓国本場の味ですからね!!ビビンバだけでなくご飯のお供としても頂けるタレですよ~

スポンサーリンク

この放送では、맛나니(味を出すやつ・おいしいやつという意味)で紹介されていますが、日本でいうご飯のお供的なものでした。おかずがないときにご飯にただ混ぜるだけでおいしい、そんなものでしょうか。3種類紹介されたのですが、基本的には作り方は同じで、メインで使う材料が豚肉ミンチかツナかサーモンかの違いですね。

それでは材料をご紹介しましょう!

[豚肉ミンチベースのタレ : 豚肉のミンチ、玉ねぎ、醤油、水、砂糖、おろしにんにく、おろしゴマ、塩、ゴマ油]
[ツナベースのタレ: ツナ缶、玉ねぎ、醤油、砂糖、おろしにんにく、おろしゴマ、塩、ゴマ油]
[サーモンベースのタレ: サーモンの水煮缶、玉ねぎ、醤油、砂糖、おろしにんにく、おろしゴマ、塩、ゴマ油] ※お好みで唐辛子パウダーを加えてもOKです。ツナ・サーモンベースは缶の水分で十分ですので、唐辛子パウダーを加える場合のみ水を少し加えてくださいね。

ペク先生のレシピは比率さえ守れば応用が利きます。今回の材料の比率は・・・

ベースの材料(豚肉のミンチ・ツナ・サーモン):玉ねぎのみじん切り1:醤油1/3:おろしにんにく1/5:砂糖1/5: おろしゴマ+塩(6:4で混ぜたもの)1/5 ※水を加える場合1/2

スポンサーリンク

作り方

1.フライパンにゴマ油以外のすべての材料を投入します。

2.水分が全て飛ぶまでよく炒めます。

3.水分がよく飛んだら、ゴマ油を加えて出来上がり。(フライパン1周程度、お好みで量を調整してください)

ポイントはよく水分を飛ばすこと!水分が残っていると日持ちしませんので・・・それと、お醤油にだし(しいたけや昆布、いりこ)などを少し加えるとより味に深みがでるそうですよ。番組では、ペク先生の「万能醤油」を使うとより美味しいと紹介されていましたが、だし醤油やお醤油にだしのもとを加えて応用しても問題なさそうだと思いますよ。

韓国料理のビビンバは、ナムルや野菜の和え物、きのこの炒め物、卵、お肉等をたくさんご飯の上に乗せて混ぜる(ビビンバのビビ部分は混ぜるという意味ですね)料理ですので、乗せるものは何でもありですよね。家にあるものをご飯に乗せて、コチュジャンとこのタレを加えて簡単ビビンバを楽しみましょう♪

スポンサーリンク


 - 料理レシピ, 番組