続報!キム・ヒョンジュン飲酒運転 所属事務所の弁明は嘘だった

   

元SS501のリーダー、キム・ヒョンジュンが飲酒運転で摘発されたニュースの続報です。所属事務所が発表した弁明が嘘だったということが飲酒運転の第一報を伝えたチャンネルAの取材により明らかになりました。

聯合ニュースより

スポンサーリンク

第一報はこちらからどうぞ→ 速報!キム・ヒョンジュン 飲酒運転で摘発される(公式発表)

以下チャンネルAのニュース映像の訳です。↓

チャンネルAニュース動画

韓流スターキム・ヒョンジュンさんの飲酒運転の話題、昨日私どもチャンネルAが独占報道いたしました。その報道後、所属事務所はキム・ヒョンジュンさんが駐車中の車両を移動させた際に摘発されたと弁明しておりましたが、これもやはり嘘だということが明らかになりました。チャンネルAが独自に確保したCCTVの映像を準備しました。イ・ミンヒョン記者です。  

[レポート]
午前1時半、カンナムのある道路。車線で信号を待っていた高級外車1台が青信号にも関わらず動きません。結局しばらく待っていた後続車たちが車線を変えて走り去って行きます。信号が10数回変わった15分間、なんと23台の車が追い越していきましたが、この車はずっとそのままです。この車を運転していたのが韓流スターキム・ヒョンジュンさん。
スポンサーリンク

飲酒運転をし道路上で眠ってしまったキムさんは、通報を受け出動した警察が起こすまで、車で寝ていました。キムさんの所属事務所は、昨日チャンネルAの報道でキムさんの飲酒運転が報道されるや否や「駐車管理員の要請で少し車を移動させて起きたこと」とし「1kmも運転していなかった。」と弁明しました。しかしその弁明とは違い、キムさんが寝ていた場所は、酒の席があった場所からなんと3kmも離れており、キムさんは帰宅途中だったということを確認しました。 

車を動かすようにという駐車管理員の要請で少しの距離を運転して飲酒運転の取り締まりに遭ったという所属事務所の弁明は事実ではありませんでした。

キムさんの所属事務所は、チャンネルAの再度の取材に対し、「間違いを起こしたことに対し弁明する意図ではなかった。」とし「キムさんは反省している」としています。

チャンネルAニュース、イ・ミンヒョンでした。

ま、100mであろうと3Kmであろうと飲酒運転は飲酒運転ですので、昨日の弁明を聞いた時点でなんか違和感を感じていました。だって、「駐車管理者より他の場所への車の移動の要請があり運転した、1kmにも満たない距離を移動する過程で飲酒運転の取り締まりに遭い・・・」というこのいいわけ、反省してないイメージですもんね。特に「1kmにも満たない距離」という部分は、運が悪かった的な、そして同情して欲しいというニュアンスを強調してます。この部分が無ければもっと印象は変わっていた思いますけど。かえってキム・ヒョンジュンの心証が悪くなった対応だったようですね。

スポンサーリンク


 - ニュース