ユ・アイン 兵務庁公式発表 兵役保留 5月判定へ

   

軍入隊に関して何度も再検査判定となっていたユ・アイン。実は骨腫瘍を患っていることが明らかになり、そしてそのようななか、tvN上半期の期待のドラマ、「シカゴタイプライター」への出演の報道がありました彼。第4次の再検査の結果がまだ保留の状態のようですよ。

スポンサーリンク

国際新聞より

こちらの写真、「シカゴタイプライター」の制作発表の写真です。ドラマ時代背景が1930年代ということでレトロな衣装なのですが、私にはMCハマーかピコ太郎にしか見えません。スミマセン・・・

この制作発表でユ・アインは、「(撮影は)少し大変ではあるが、いろいろ配慮な配慮があって撮影が続けられている。」と述べ、続けて、「(骨腫瘍について)日常生活が可能な状態ではあるが、ハードな運動や無理をきたす動きは自制するように努力している」と体調について述べていました。

そして兵役については、「再検査(3月15日)を受けたが、まだ結果を受け取っていない。普通は当日、その場で結果を受け取ることができるのだが、自分は特異な状況で注目も浴びているので慎重に検討中だそうだ。」と答えています。

スポンサーリンク

本日それを受けてか、兵務庁の代弁人がユ・アインの兵役判定について以下のように明らかにしています。

以下スポーツ朝鮮記事を訳してます↓

6日兵務庁はユ・アインの兵役処分について「兵役判定規定に沿った公式表現で”兵役処分保留”といいこれは留保とは違う概念」と訂正した。

また「保留の理由が、当事者ユ・アインの言うとおり”(兵務庁が)慎重を期す為”ではない。この表現は多少の語弊がる。ただ、一般的なプロセス上の決定なだけであり、ユ・アインの場合だけでなく、他の対象者にも頻繁に発生すること。」と述べた。

代弁人は「5月初旬に処分結果を本人に通知する予定で、その際、兵役入隊、免除等の明確な処分が下されるだろう。多くの人たちが兵務庁にユ・アインに関する問い合わせをしており、根拠のない噂や間違った情報がインターネットを通じ広がっている。」とし、「シカゴタイプライター」の制作発表後、あらわになった誤解と騒ぎについて正した。

一部で「(ユ・アインが)既に結果を受け取っているが、ユ・アインが嘘をついている。」という根拠のない噂が飛び交っていましたが、それについても正した結果になりましたね。
ちなみにtvN上半期の期待のドラマ、「シカゴタイプライター」は4月7日、初回放送となります。

スポンサーリンク


 - ニュース