ユン食堂 突貫工事で2号店が1日で完成!

      2017/06/18

ナPDの新バラエティー「ユン食堂」。撮影場所の「ユン食堂」が既にロケ地のロンボク島から消えたというニュースをお伝えしましたね。再開発で建物自体が撤去されたのですが、その一連の流れと2号店の完成までの様子が紹介されました。

スポンサーリンク

オープン初日はお客様もよく入り成功に終わったのですが、その翌日、急遽お店の撤去が早まり撤去が始まったことを知った「ユン食堂」のメンバーたちのショックを受けた様子から第3回は始まります。そして、建物撤去区域にに入っていない元スーパーだった建物を使って2号店オープンの準備をします。初日のお店は既にスタッフに準備してもらった場所に「ユン食堂」のメンバーたちが入って食堂を運営するかたちでしたが、正直この番組の主旨からいくと2号店のように「ユン食堂」のメンバーたちも手伝い(ほとんどは現地の人やスタッフの力ですが)2号店のオープンに漕ぎ着けるかたちのほうが視聴者が本当にお店を出す疑似体験ができて面白さが増す気がしました。

実は1号店は1ヶ月もかけて準備したそうですが、そのお店が壊されるのをみて一番心が痛かったのは、美術スタッフでしょうね。そして現地の人と美術スタッフの力はすごかった!不可能のように思われたのですが、徹夜で作業を続け、荒れ果てた元スーパーは1日でとても素敵なお店に大変身♪1日の作業でここまで出来るの・・・?というほどでした。

2号店オープンの日のお客様はドリンク中心で、フードはプルコギバーガー3とプルコギヌードル1のオーダーのみ。これは、2号店の場所が少しにぎやかなところから離れた所にあることと、イ・ソジンの分析によるとフードメニューがプルコギオンリーというところが理由のよう。

スポンサーリンク

予想以下のお客様だったため残ったプルコギを宿に戻って食べるユン・ヨジョン、チョン・ユミ、イ・ソジン、シング。イ・ソジンの分析から新メニューとしてラーメンを追加しようと計画します。

ラーメンといってもインスタントの韓国ラーメンですよ。それにwithたまごやらwithチーズというようにトッピングに変化をつけてメニューを増やそうという、イ・ソジンのアイデア。チーズがのったソジン印のラーメンが完成。次回の予告では、この新メニューのラーメンが大ヒットするようですよ。

ハプニングから再び立ち上がった「ユン食堂」のユン・ヨジョン社長以下従業員たちの姿をまとめたこの回、なんとまた最高視聴率記録を更新したようですね。もちろん視聴率は同時間帯1位。特別な何かがあるわけではなく、何か刺激的な内容ではないのですが、観たくなってしまう番組ですね。来週も楽しみです。

スポンサーリンク

 

 


 - ナPD, バラエティー, ユン食堂, 番組