お家ご飯ペク先生 韓国ラーメンをおいしく作る秘訣☆

   

「お家ご飯ペク先生3」では超簡単な黄金レシピが毎回紹介されています。毎回主材料をおいしく食べるレシピをペク先生が教えてくれるのですが、なんと今回の主材料は「ラーメン」。韓国でラーメンといえば、インスタントの袋ラーメンのことですね。今では日本でも簡単に手に入るラーメンを使ったレシピが紹介されましたが、まずは基本!普通に美味しく韓国ラーメンを作る方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

韓国のラーメンといえば「辛ラーメン」を思い浮かべる方が多いでしょうね。個人的には昔からある「三養ラーメン」や「安城湯麺」「ジンラーメン(辛い方)」やしばらくは「コッコ麺」にはまってたりとラーメン大好きです!

以下ちょっとした工夫でラーメンをおいしく作れる秘訣をペク先生が教えてくれました。

一言で・・・

韓国ラーメンをおいしく作る秘訣=袋に書いてある通りに作ること

それだけ?って思いましたが、その他にもおいしく作る工夫をペク先生は教えてくれました。

麺がボロボロに短いとなんだかラーメンのおいしさが半減しますよね。お鍋にラーメンを入れる時、麺を割って入れる方も多いでしょう。

麺を割る時は、麺の向きに沿って割ること

麺の向きに沿って割れば、割りやすいのはもちろんのこと麺の長さも維持できますからね。

そして麺を先に入れるかスープを先に入れるか・・・・。基本は一番最初にあったとおり袋に書いてある通りにしてください。ですが、ここでひと工夫。よくスープとは別に野菜のフレイク等が入っている場合がありますよね。

野菜のフレイクは先に入れて長く煮て味に深みを出す

スポンサーリンク

スープに深みをプラスするもう一つの工夫は、イワシエキスやカナリエキス等をほんの少しスープに加えること。ほんの少しですよ!

次に麺おいしくするための工夫。鍋に入れた麺をほぐす時、トングを使って麺が切れないようにしつつ、

麺に空気をあててあげるとシコシコ麺に

そして韓国ラーメンは辛いので卵を入れる方も多いでしょう。卵を入れると少し味がマイルドになりますしね。卵を入れる時もひと工夫するとよりおいしくなります。卵を解きほぐさない半熟卵がお好きな方は麺を入れると同時に卵を落とせばOK。溶き卵の場合は、まず卵を溶いて準備したのち、麺が少し硬めの状態で鍋から麺だけを取り出します。そして麺を取り出した鍋に、刻んだねぎと溶き卵を入れましょう。

麺と卵は別々に

そして麺を持ち上げスープを器に注ぎます。

ペク先生の工夫たっぷり、基本ラーメンが完成しました!

※こちらの韓国ラーメンをおいしく作る秘訣ですが、大量にラーメンを作る時ではなく1人前、2人前程度を作るときの秘訣です。ご注意を!

スポンサーリンク

 


 - 料理レシピ, 番組