韓国ドラマ 逆賊 第23話 ギルドンの脅しにヨンサン腰抜ける

      2017/05/18

MBC月・火ドラマ「逆賊:民を盗んだ盗賊」第23話。先週悪い王を懲らしめようと覚醒したギルドン(ユン・ギュンサン)は、哄家(ホン家)の仲間たちと牢から抜け出します。それを知った王ヨンサン(キム・ジソク)は、自分が直接捕まえる!!!と山へ飛んでいきます。

スポンサーリンク

欲をいえば脱獄する過程を観たかったのですが、どうやってか既に脱獄しちゃっていたギルドン(ユン・ギュンサン)と哄家(ホン家)の仲間たちでした。

どんなあてがあってか、部下数名と内官ジャウォン(ギルドンを力士だと思っていた人ですね)とで山へ。

そしてこの後馬を降り、走り出すヨンサン(キム・ジソク)。

「こっちだ!」と言って振り返るヨンサン(キム・ジソク)。二度見するところが、ちょっとコミカルです。「ジャウォン!ジャウォン!」と内官を探すヨンサン(キム・ジソク)をあざ笑う声が。恐る恐る振り返るヨンサン(キム・ジソク)。既にちょっとビビり気味。そして「お、お前は・・・」と小声で言うヨンサン(キム・ジソク)。

「おい、イ・ユン(これはヨンサンの名前ですね)!」と叫ぶギルドン(ユン・ギュンサン)。「ど、どうして、お前が・・・。」とつぶやく王ヨンサン(キム・ジソク)。大きな岩を揺さぶるギルドン(ユン・ギュンサン)に「わ、私を殺すつもりか?」という王ヨンサン(キム・ジソク)に「どうかな?」とギルドン(ユン・ギュンサン)。なんだか言い方や雰囲気がアモゲ(キム・サンジュン)に似てますよね。

「王様、これから二つの目をよーく見開いて見守ってくださいよ。民を泣かすようなことをすれば、今後王様の運命がどうなるかを。」とギルドン(ユン・ギュンサン)。そして岩を落とそうとします。

それを見て「だ、だめだ・・・だめだ!」と叫ぶ王ヨンサン(キム・ジソク)は腰を抜かしてしまいます。

それを見ていたギルドン(ユン・ギュンサン)はほくそ笑み、「また会いましょう。」とギルドン(ユン・ギュンサン)。ようやく落ち着いて辺りを見回す王ヨンサン(キム・ジソク)は「ホン・ギルドン、こいつ、恐れ多くも(この俺に!という意味)」とつぶやいたあと怒り狂います。

スポンサーリンク

結局このあと宮に戻った王ヨンサン(キム・ジソク)は、ギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ) を呼び、ギルドン(ユン・ギュンサン)を捕まえるように命令します。ただし隠密にねと一言。その時賢いギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ) は、ホン・ギルドンは死んだと公示し、民たちがギルドンの名前を口にしないようにしますと誘導します。嬉しそうな表情のギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ)。

その後ギルドン(ユン・ギュンサン)と食堂で会うギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ)。いつも二人でご飯食べてたらさすがにバレそうなのか、周囲に悟られないよう食堂の壁に手紙を残し、交換日記のように連絡を取り合う二人。その交換日記、いや、手紙でギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ)は宮中に妹のオリニがいることを知ります。

ともかく第23話は内容が盛りだくさん過ぎてご紹介しきれませんが、ギルドン(ユン・ギュンサン)の妻カリョン(チェ・スビン)はギルドン(ユン・ギュンサン)が殺されたと思い、王ヨンサン(キム・ジソク)に復讐しようと近づき、コンファ改めノクス(イ・ハニ)と再会。チュンウォングは、ソン・ドファン(アン・ネサン)が自分やモリキム・ジョンヒョン)そしてチャムボン夫人(ソ・イスク)の功績をあたかも自分の功績のように王に言う姿を不服に思っています。そして何度か登場した霊能者?というか神の使いなのか、その女性にギルドン(ユン・ギュンサン)は再会し、ギルドン(ユン・ギュンサン)を「力士」だと認めてました。

しばらく痛々しい、苦しい場面が多かったのですが、ギルドン(ユン・ギュンサン)の反撃が始まり、また爽快なシーンが多くなりそうです。今晩も楽しみですね。

第23話 カリョン命がけの復讐

第23話 ギルドンよ 力士は力だけが強いのではない!

スポンサーリンク


 - ドラマ, 逆賊