ユン食堂 翻訳費用騒動 (公式発表)

      2017/06/18

ちょっと遅くなりましたが、ナPDの新バラエティーtvN「ユン食堂」の関連ニュースです!「ユン食堂」はたくさんのバカンス中の外国人客が訪れます。そのお客様の会話は字幕が付けられ放送されていますが、それについての騒動がありました。

スポンサーリンク

毎週楽しく観ていますが、前から気になっていることがありました。それは字幕。私も翻訳をするのでこの問題は敏感です。

 

tvNより

17日「ユン食堂」の公式Facebookに「ユン食堂の番組制作に関連し、お客様の言葉の翻訳に参加している全ての翻訳者の方とは協議し、合理的に翻訳費用を支給しています」と告知されました。

というのは同じく「ユン食堂」のFacebookにアップされた「翻訳可能な人材を募集します」という文章に、翻訳の依頼方式や費用について明確な記載がなく混乱をまねいてしまったということと、どこの国の言語か不明の音声に関し、国名を教えてくれた方へユン食堂オリジナルエプロンをプレゼントするというお知らせがごっちゃになり、翻訳の報酬がユン食堂オリジナルエプロンという騒動になってしまいました。

このような背景があっての「きちんと翻訳費用を支給しています~」という告知があがったということですね。翻訳者募集に応募された方にはきちんと連絡をし、費用や方法などを協議する予定とのこと。

 

英語や日本語、フランス語等は翻訳できる人はたくさんいるでしょうが、先週のスウェーデン語なんかはやはりそれほど翻訳できる人はいないでしょうから、(字幕は)なかなか大変だなぁと思っていました。以下が公式発表です。

スポンサーリンク

「ユン食堂」翻訳費騒動 公式発表

こんにちは。ユン食堂Facebookです。 

まずユン食堂の番組制作に関連し、お客様の言語翻訳に参加してくださっている全ての翻訳者の方々とは協議の上合理的な翻訳費用を支給していることをお知らせいたします。

本日午後、ユン食堂のFacebookにアップロードされた「翻訳可能な翻訳人材を募集します」という文章に、翻訳依頼方法や費用について明確な記載をせず、混乱を招いてしまいました。Facebookで言及している商品のエプロンは、Facebookにアップしているサンプル動画に使用されている言語がどの国の言葉かを書き込みして頂いた方々へ差し上げる賞品であり、翻訳ができると書き込みをしていただいた方には個別に連絡し、翻訳の進め方や費用を協議する予定でした。

短い分量であっても翻訳がどれだけ大変な作業かはよく理解しているため、サンプル動画をFacebookへアップロードする前に翻訳費用については内部的に整理しておりました。翻訳が可能と言う書き込みをして下さった方と翻訳費については個別に協議するつもりで、別途この部分を明示しなかった点、そしてそれにより混乱を招いたことについてお詫びいたします。

これからも皆様の声援にお答えできるようより慎重に、そして一生懸命努力いたします。

翻訳の報酬が「ユン食堂オリジナルエプロン」でなくてよかったです^^。ファンとしては、報酬なしとしても名誉なことだと思って翻訳してしまいそうですが、やはりそこはビジネスですしね。お気に入りの楽しい番組ですので、この騒動が単なる言葉足らずが招いた混乱という結末でよかったと思います。明日の放送も今から楽しみです。

スポンサーリンク


 - ナPD, ニュース, バラエティー, ユン食堂, 番組