韓国ドラマ 逆賊 第27話 ギルドン、カリョンとの悲しい再会

   

MBC月・火ドラマ「逆賊:民を盗んだ盗賊」第27話。第26話で記憶を取り戻した妹オリニとギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ)とギルドン(ユン・ギュンサン)の三兄弟の再会をかみ締める三兄弟と哄家(ホン家)の仲間たち。

スポンサーリンク

昔と同じこのシーン。

「誰だ」と目隠しをするオリニに昔と同じ「うちのおバカちゃん」と答えるギルドン(ユン・ギュンサン)。そして優しいギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ)は「オリニ、こっちにおいで」と。そして「父さん、見てますか?私たち三兄弟が再び集まりました。これからは、これからは絶対に離れません。」と続けるギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ)。そして哄家(ホン家)の仲間たち。ソブリおじさんが「見ろよアモゲ。やっとみんな集まったな。」すると「そうだ。みんな名前を呼んでみようか?刑房(法律関係を司った下級役人のこと)オム・ジャチ、ここにいるぞ。」その後それぞれの名前を叫びます(割愛します^^;)。このシーンはほっこりします。

しかしここで一人足りないのがカリョン(チェ・スビン)。

カリョン(チェ・スビン)はギルドン(ユン・ギュンサン)が死んだと思ったまま宮中に。ノクス(イ・ハニ)はカリョン(チェ・スビン)とギルドン(ユン・ギュンサン)の関係、そしてカリョン(チェ・スビン)を寵愛する王ヨンサン(キム・ジソク)を見て沸く嫉妬心もあるが、ギルドン(ユン・ギュンサン)を捨てて王ヨンサン(キム・ジソク)を選んだという選択が間違っていたと思われることに酷く憤りを感じて、ついにカリョン(チェ・スビン)の正体を王ヨンサン(キム・ジソク)に話します。もちろんただ話すのではなく、カリョン(チェ・スビン)を利用しようと王ヨンサン(キム・ジソク)に入れ知恵までする始末。王ヨンサン(キム・ジソク)とノクス(イ・ハニ)はサイコカップルです。^^;

そしてカリョン(チェ・スビン)にギルドン(ユン・ギュンサン)のことをきく王ヨンサン(キム・ジソク)。話すから近くにくるように促したカリョン(チェ・スビン)は、近づいた王ヨンサン(キム・ジソク)の耳に噛み付きます。口に血がついたまま、夫を殺した獣はお前だ!殺せ!亡霊となって毎晩夢枕に立ってやる!といつもかわいらしいカリョン(チェ・スビン)がどなりまくります。
スポンサーリンク

その後牢獄の中にいるカリョン(チェ・スビン)にノクス(イ・ハニ)はギルドン(ユン・ギュンサン)が生きていることとカリョン(チェ・スビン)は戦場につれていかれギルドン(ユン・ギュンサン)を惑わせる策として使うことを話します。

そして兵士たちがヒャンスモクについたこのシーンは鳥肌ものです。

兵士がヒャンジュモクの民にヒャンジュモクの周辺は全て封鎖した。武器を捨てて降伏するようにと叫んでいます。すると民たちが自然と「イクファリの春(逆賊のOSTでイクファリはアモゲが作った村の名前です)」を歌いだします。

♪春が来ても春が来たと言えず 冬将軍が怒るかも(しれない)と声を殺して笑う

陽が昇っても陽が昇ったと言えず 夜の海が怒るかも(しれない)と声を殺して笑う

エヘーやオホーや 柴の戸を開けておいてくだされ エヘーやオホーや 酷い風が止むだろうから

そしてこの民の中に逆賊の主題歌を歌っているアン・イェウンが混じってます。

なんと兵士まで歌いだしてしまってます。鳥肌・・・

そして戦いが始まります。多くの怪我人が出て停戦状態のところにカリョン(チェ・スビン)を連れた王ヨンサン(キム・ジソク)とノクス(イ・ハニ)と援軍がやってきます。

そして悲しい再会。「おい、ホン・ギルドン。久しぶりだなぁ。」と王ヨンサン(キム・ジソク)。「私のせいで引き下がったりしたら、二度と会いません。二度と会いませんから!」と叫ぶカリョン(チェ・スビン)。

「カリョン!」というギルドン(ユン・ギュンサン)の声に「あなた!(旦那様という意味で)」と泣き崩れるカリョン(チェ・スビン)。

ギルドン(ユン・ギュンサン)は民たちと愛する人と両方を救えるのでしょうか?救って欲しいです!

続きが気になるのですが、今晩は大統領選挙の討論会が放送されるため一回休みです。来週の放送が待ちきれません!!

スポンサーリンク


 - ドラマ, 逆賊