韓国ドラマ 逆賊 第28話 ギルドンと民たちの劇的逆転勝利!

   

MBC月・火ドラマ「逆賊:民を盗んだ盗賊」第28話。第27話でカリョン(チェ・スビン)をギルドン(ユン・ギュンサン)たちの前に吊るした王ヨンサン(キム・ジソク)とギルドン(ユン・ギュンサン)たちとヒャンスモクの民たちの最終決戦が始まります!

スポンサーリンク

ギルドン(ユン・ギュンサン)はカリョン(チェ・スビン)を目の前にし助けに行こうとしますが、ギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ)の制止に我に返りその場にとどまります。妻が人質・・・でも民たちのことも心配・・・という葛藤の中しばらく何も手を打てないギルドン(ユン・ギュンサン)。

そうしている間にサイコ王ヨンサン(キム・ジソク)は、全国各地から兵やオランケ(蛮人でしょうか。金で人を殺すひとたち)などを集めます。どんどん兵が膨れ上がる様子をみたヒャンスモクの民たちは考えます。それにギルドン(ユン・ギュンサン)の妻カリョン(チェ・スビン)が人質にとられているのも見てますから・・・。

そしてヒャンスモクの民たちが出した結論は・・・

自分達が道を開けるので妻カリョン(チェ・スビン)を助けて逃げて欲しい。

という結論でした。何かまだ考えているようでしたが、ギルドン(ユン・ギュンサン)はそれを受け入れます。そしてついにサイコ王ヨンサン(キム・ジソク)のごちゃまぜ軍との正面対決が始まります。予想とおりまたカリョン(チェ・スビン)を中央に吊るし上げて兵を配すサイコ王ヨンサン(キム・ジソク)。決戦を前にヒャンスモクの民たちは口々に「ホン将軍!私達が道を開けますので必ず奥様を助けて下さい。」「ホン将軍!必ず助けて下さい!」と叫びます。

民たちの声が聞こえたのかわかりませんが、カリョン(チェ・スビン)は「あなた!私が見える?あなた!あきらめてはだめ!わたしのことで諦めたら一生怒るわよ。一生恨むわよ。あなた!」とギルドン(ユン・ギュンサン)を奮い立たせようとします。

すると矢を放とうとするギルドン(ユン・ギュンサン)。ギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ)や哄家(ホン家)の仲間たちも驚くなか、「カリョン、少しだけ我慢してくれ。少しだけ。。」と心の中でつぶやき矢を放つギルドン(ユン・ギュンサン)。予想外の行動に皆驚きます。でもカリョン(チェ・スビン)の口元は一瞬笑みを浮かべた気がしました。

そしてココからが今までのギルドン(ユン・ギュンサン)の中で一番かっこいい場面!

「国の兵は民を殺しはしない。国の王は民を殺したりしない。あの者たちはもう民の兵でも民の王でもない。あの者たちを討て!」とギルドン(ユン・ギュンサン)。

「ご覧になったか?これが、これがホン将軍の意志だ。行くぞ!」とソブリ(パク・ジュンギュ)アジェ。そして最終対決が始まります。

この後カリョン(チェ・スビン)はオム使道が連れて戻ります。 特にカリョン(チェ・スビン)に矢を放ったギルドン(ユン・ギュンサン)に怒りを抱くモリキム・ジョンヒョン)。二人に対決させようと、しばし大砲を止めるサイコ王ヨンサン(キム・ジソク)。モリキム・ジョンヒョン)は、「おまえは、お前の女を連れて逃げるべきだった。それならお前も女も生き延びてただろうに。だが、こんなことになったからにはお前は勝っても死に、負けても死ぬんだ」とギルドン(ユン・ギュンサン)に言いむかっていきます。

スポンサーリンク

そこにチュンウォングンが守貴団の牢に入れられていた者たちを兵として率いてやってきます。そして「あいつは奴婢の子供だ!」と叫ぶチュンウォングン。ギルドン(ユン・ギュンサン)は「俺の身体に流れる血は、どんな高官大爵(地位が高くすばらしい官職のこと)の血よりも熱く、濃い!」と叫ぶ。もちろん民たちもギルドン(ユン・ギュンサン)を支持します。そしてチュンウォングンが連れてきた者たちが突如、ギルドン(ユン・ギュンサン)側に回り、形勢逆転!そりゃそうでしょ。守貴団の牢に入れられていた者たちですよ。普通なんとなく察しがつきますけど・・・細かい理由は後でお話しますね。そしてサイコ王ヨンサン(キム・ジソク)は、着替えて逃げていきます。ヨンポ(王の服)をチュンウォングンに着せて・・・

おっと忘れてはいけません。そんな混乱の中ギルドン(ユン・ギュンサン)とモリキム・ジョンヒョン)の対決は、ギルドン(ユン・ギュンサン)の勝利。またまた寸止めしてモリキム・ジョンヒョン)を殺しませんでしたケド・・・。跪いたモリキム・ジョンヒョン)は涙を流します。いろいろな面で完敗のモリキム・ジョンヒョン)。

 

そしてヨンポ(王の服)を着たチュンウォングンは、自らがつれてきた守貴団の牢に入れられていた者たちの手によって殺されます。矢がたくさん身体に刺さって瀕死のチュンウォングンをあざ笑いにソン・ドファン(アン・ネサン)がやってきます。

「守貴団の牢に入れられていた者たちがどんな者たちか知らなかったのか?その者たちは、朝鮮に疑いを持ち、上(身分が上)の者を怖いとも思わない者たちだ。だから牢にいれておいたのだ」とソン・ドファン(アン・ネサン)。

チュンウォングンのお間抜けキャラ健在といったところでしょうか。自分で自分の首を絞めてしまい、いや、それだけでなく王ヨンサン(キム・ジソク)の軍を敗北に導いた功労者となったチュンウォングンでした。

ギルドン(ユン・ギュンサン)とヒャンスモクの民たちは勝利し安堵の様子。そしてカリョン(チェ・スビン)の側へ行くギルドン(ユン・ギュンサン)。カリョン(チェ・スビン)は意識不明状態・・・。生死をさまよっています・・・。オム使道は、「カリョンは今戦っている。必ず勝つさ。」と言ってましたが、目を覚ましてくれるのでしょうか。

すごく、すごく気になるのですが、今晩の放送はお休みです。大統領選挙ですからね・・・。来週の放送が楽しみです。頑張れカリョン(チェ・スビン)!

スポンサーリンク

 


 - ドラマ, 逆賊