韓国ドラマ 逆賊 第30話(最終話) 春が来た!

   

MBC月・火ドラマ「逆賊:民を盗んだ盗賊」第30話。ついに最終回です。。。ついにギルドン(ユン・ギュンサン)の発言通り「王を代える」動きが・・・王ヨンサン(キム・ジソク)がノクス(イ・ハニ)が開いた宴の最中に「玉璽(オクセ)」を出して王の座を退くよう迫られます。

スポンサーリンク

玉璽(オクセ)」とは王の印、王の印章のことです。もちろんこのような状況になることはその場にいた皆がわかっていたことです。そんななかでもノクス(イ・ハニ)は堂々とした態度で対応します。動揺する王ヨンサン(キム・ジソク)に「寶位(王の座)に居られるときはそのようにできなかったのですから、(王の座から)降りられるときは王らしくなさいませ。私もやはり王の女らしく死なせていただきます。」とノクス(イ・ハニ)は言い、ヨンサン(キム・ジソク)に最後の挨拶をします。

そして死を覚悟しているノクス(イ・ハニ)にギルドン(ユン・ギュンサン)は「姉さんのおかげで命が助かった」と逃がそうとします。

「姉さんは王がもっとも寵愛していた後后だった。逃げないと殺されます。」と心配するギルドン(ユン・ギュンサン)に

「お前から離れ、王を選んだのも結局私よ。死のうが生きようがそれもやはり私が選ぶこと。ギルドン、お前は私に借りなどない。私がお前の命を助けたというが、お前は私の魂を助けてくれた。お前が私を芸人と呼んでくれてから私は遊女ではなく芸人となった。」とギルドン(ユン・ギュンサン)に感謝をしつつ、自分の運命を受け入れます。最後までかっこいい生き方でしたね。「自分が選んだこと」を貫き通したノクス(イ・ハニ)は、民たちに石を投げつけられ、死んでしまいました。その投げられた石でお墓が作られていました。いくら悪いことをしたとはいえ、民が石を投げつけて殺すというのはちょっと・・・。悪者に対して何をしても良い(許される)という感覚は、ちょっと受け入れられないですけど。

その側を通ったヨンサン(キム・ジソク)は、ノクス(イ・ハニ)が民から投げられた石で亡くなったことを聞き石を見ながら「ノクスよ~!私のノクスよ!」と泣き崩れます。

スポンサーリンク

宮を離れ、古い家に隔離されたヨンサン(キム・ジソク)の前に現れたギルドン(ユン・ギュンサン)は「暴力で民を治めるとかいったっけ。暴力と恐怖では側にいる人を一人も説得できない。どうしてかわかるか?暴力は臆病者が使うものだからだ。誰が臆病者を信じ、従うか?」と言うと「お前さえ居なければ私の政治は成功していた。」と怒るヨンサン(キム・ジソク)に「お前の罪は上の者を見間違えたこと。本当の意味の”上”が何なのかわからなかった罪だ。」とギルドン(ユン・ギュンサン)は叫びます。その後、狂いに狂ってヨンサン(キム・ジソク)は「凌上(上の者を軽んじるというような意味)」という文字をを書きまくり、その書に埋もれてヨンサン(キム・ジソク)は死にます。

そしてソン・ドファン(アン・ネサン)ですが、ヨンサン(キム・ジソク)を王の座から引きずりおろしたピョンサングンを操ろうとします。ですが、ギルドン(ユン・ギュンサン)たちの話を聞き、そうはいかないと「行録」を証拠に罪を問い、オンボロな家に流刑します。そこに予告の通りギルヒョン兄さん(シム・ヒソプ)が訪れ「師匠の時代は終わった。」と告げます。結局ソン・ドファン(アン・ネサン)は首を吊って自殺します。

奴婢になった例のあの方に似たチャムボン夫人(ソ・イスク)と息子のスハク(チョ・ジョンハクですね)は、両班の家に仕えるようになり、チャムボン夫人(ソ・イスク)は病で亡くなり、病の母を追い出した両班の夫人に鎌を振り上げたスハク(チョ・ジョンハク)は牢に入れられます。あれ?どこかで観たことのあるシーン・・・「奴婢になってみてどうだ?人間として生きていくことが本当に大変だろう?」と牢に入れられたスハクを訪ねるギルドン(ユン・ギュンサン)。そうですね。チャムボン夫人(ソ・イスク)も息子のスハクも同じようなことをギルドン(ユン・ギュンサン)たちにしてきたわけですから・・・反省しなさい、スハク

 

今まで重い内容だけでしたが、ここからは素敵な内容を。いつもながら包容力のあるリーダーシップを発揮するギルドン(ユン・ギュンサン)。ギルドン(ユン・ギュンサン)は自ら命を絶とうとしていたヨンサンの側近チャウォン(ギルドンを力士と最初に疑ってた人ですね)を助けます。死んで罪を償うよりも生きて罪を償うようにギルドン(ユン・ギュンサン)は言います。

そしてモリキム・ジョンヒョン)。モリキム・ジョンヒョン)はオリニの友達を助け、ギルドン(ユン・ギュンサン)たちのいる村に下りてきます。そこでギルドン(ユン・ギュンサン)たちはモリキム・ジョンヒョン)を兄弟として迎えようとします。ツンデレを続けていたモリキム・ジョンヒョン)ですが、ギルドン(ユン・ギュンサン)たちの仲間になりました。明るい笑顔のモリキム・ジョンヒョン)が見られるようになりましたよ。

そしてギルドン(ユン・ギュンサン)とカリョン(チェ・スビン)の間に子供が生まれ、暗い時代は終わり、再び春がやってきました。エンディングは、出演者やスタッフが主題歌に合わせて楽しく踊るシーンとメイキングがミックスされているとてもいい終わり方でしたよ。

例のあの方に似たチャムボン夫人(ソ・イスク)のはじけっぷりに注目ですよ!

長いようで短かった「逆賊:民を盗んだ盗賊」全30話が終わりました。主題歌も俳優陣もストーリーも飽きさせないとてもよいドラマでした。視聴率は同時間帯に強いドラマがあったので、トップ独走というわけにはいきませんでしたが、本当に面白いドラマでした。もう一度最初から見直しても絶対面白いだろうなぁ~。しばらくは「逆賊ロス」になりそうです。

スポンサーリンク


 - ドラマ, 逆賊