BIGBANG T.O.P 在宅起訴 4度の大麻吸煙容疑 義務警察退所後に裁判か

      2017/06/29

先日大麻吸煙報道のあったBIGBANGのT.O.Pことチェ・スンヒョンの事件の続報です。ソウル中央地検はT.O.Pことチェ・スンヒョンを拘束しない起訴、在宅起訴したと6月5日明らかにしました。

昨年10月に自宅で、紙巻・液状それぞれ2回ずつ…検察で容疑の一部を自白
検察「大麻吸煙容疑は認める・・・液状大麻の吸煙容疑は否認」

スポンサーリンク

聯合ニュースより

BIGBANGのT.O.Pことチェ・スンヒョンの大麻吸煙容疑に関して、裁判へ持ち越されることになりました。ソウル中央地検強力部は、麻薬類管理に関する法律違反容疑でチェ氏を近頃在宅起訴したと本日明らかにしています。先日3度大麻の吸煙があったという報道がありましたが、なんと4度の吸煙の容疑とのこと。

先日の報道はこちらからどうぞ →続報!BIGBANGのT.O.P自宅で歌手練習生の女性と3度大麻を吸煙 BIGBANG T.O.P 大麻吸煙について自筆の謝罪文

チェ・スンヒョンの大麻吸煙容疑に関して検察によりますと、昨年の10月9∼14日、ソウル特別市ヨンサン区の自宅で歌手練習生のハン氏(21·女)と合計4度に渡り大麻を救援した容疑。2度は大麻の紙巻状態で、そして残りの2度は液状の大麻を電子タバコで吸引したということが明らかとなりました。
警察は今年の3月にハン氏の大麻吸煙容疑の調査の過程でチェ氏がともに吸煙したという状況を把握、捜査に乗り出した経緯があります。
T.O.Pことチェ・スンヒョンは、検察で大麻を2度吸煙した部分については認めたそうですが、液状大麻を電子タバコで吸煙した部分については否認したと伝えられています。

スポンサーリンク

あくまでもただの「電子タバコ」と思って吸ったのであり、液状大麻とは知らなかったということにしたいのでしょうね。しかし、一緒に吸ったとされているハン氏ですが、大麻については自身が購入したことは認めていますが、液状大麻の部分についてはT.O.Pもハン氏も自身が持ってきたものではないと否認しているそうです。ちょっと話がヘンですね~

さて、 事件が検察へ渡ったということは今後裁判が開かれることが予想されます。服務中のT.O.Pの今後はどうなるのでしょうか?

5日、警察によるとチェ氏について『「麻薬類管理法違反容疑での在宅起訴方針」の 策定により近日中に退所の手続きを踏むこととなる。』と述べています。戦闘警察管理規則第41条に現部署の任務遂行上不適合の場合、退所させることができるという規定があるそうですからね。普通に考えても、容疑者が警察官?ってちょっとおかしな状況ですから。
義務警察を退所した後、裁判を受けることになるでしょうね。そしてこの事件の裁判で起訴猶予等の処分で終わった場合、T.O.Pは再入隊しなければならないそうです。ただ、一度義務警察から放出されて、よほど特別な事情がない限りは、再度(警察に)入隊できないだろうという見通しです。

T.O.Pことチェ・スンヒョンと一緒に大麻を吸煙したハン氏ですが、3月に拘束起訴されています。なぜ彼女だけ拘束起訴?と思ったのですが、検察によりますと「(ハン氏は)大麻の吸煙容疑以外にも他の容疑があったため拘束起訴された。」そうですよ。

今後もこの事件について追っていこうと思います!

BIGBANG T.O.P 義務警察から放出される 

BIGBANG T.O.P 救急搬送 集中治療室へ 薬物を過剰服用したか

BIG BANG T.O.P 懲役10ヶ月 執行猶予2年の求刑 T.O.Pの公式謝罪文あり

スポンサーリンク


 - KPOP, ニュース