ナPD 一番愛している番組は「新西遊記」 新西遊記4製作発表

   

ナPD演出の「新西遊記4」が6月13日より始まりました!期待を裏切らず初回から好調な滑り出しです。そして、初回放送後の6月16日、ソウル特別市永登浦区のタイムズスクエアで「新西遊記4」の製作発表が開かれました。現在金曜の夜放送中の「知っておくと役に立たない神秘的な雑学辞典(알아두면 쓸데없는 신비한 잡학사전)※直訳でスミマセン」と「新西遊記4」に対する気持ちを語っています。

スポンサーリンク

グムガン日報より

ナPDは「『知っておくと役に立たない神秘的な雑学辞典』は本当に良い番組だと思うが、私が一番愛している番組は『新西遊記』」と語っています。そして記者の「ナPDは、頭が楽しくなる『知っておくと役に立たない神秘的な雑学辞典』と頭を空っぽにして楽しめる『新西遊記』、それぞれ対極な内容の演出をするにあたり混乱しないのか?」という質問に、そうだと素直に認める場面も・・・。

ナPDは「『新西遊記』と『知っておくと役に立たない神秘的な雑学辞典』は、実は編集室が並んでいるんですよ。試写会をする時、こっちの部屋に入ったりあっちの部屋へ入ると『これなんだ?』と思う時も、困惑する時もありますよ。グラフで表すと、それぞれ対極に存在する番組じゃないですか。ハハハ。これ撮ったり、あれ撮ったりと水風呂入ったり、熱湯風呂入ったりする気分で、精神分裂しそうですが、ともかく面白いです。」とも語っています。

そして記者の「ナPDにとって長い間タッグを組んできたイ・ソジンとカン・ホドンについて、それぞれどんな存在か?」という問いにウィットに飛んだ答えを返しています。

イ・ソジンさんは遠慮の要らない友達みたいで、カン・ホドンさんは今では随分ラクですが、先輩のような存在。ホドンさんは、私がまだ駆け出しPDの時だった頃も『最高』でしたので、放送を教えてもらった。簡単に言うと、イ・ソジンさんは気兼ねない存在で、ホドンさんは気まずい。」と冗談で締めくくりました。

 

今回の旅をベトナムに決めたことについて、「もともと『西遊記』がお経を取りにいくため西へ向かったじゃないですか。西にさえ行けばいいんじゃないかと思い、インドと中国の間にある国のなかで行きたい場所を考えた。中国と違う雰囲気をみせようと思い、食文化や自然環境等がユニークなベトナムを選んだ。」としています。

西にさえ行けばいいというのはなかなかおもしろくて、私は好きです。

グムガン日報より

新キャラクターピッコロ(イ・スグン)とクリリン(ソン・ミノ)を追加した「新西遊記4」は、日曜の夜から火曜の夜にお引越ししました。このことについても「SBS TV 『Kポップスター』が終わったので大丈夫かと思ったんですが、『미운 우리 새끼(憎いうちの子)』が人気でダメそうで・・・。火曜にも人気ドラマがあったりしますが、こちらは他のバラエティーやドラマがまねできない私たちだけの面白さがあります。『新西遊記』は勉強はできないけど性格のよい3番目の息子のようで、心配なところもあるけどどこに出しても恥ずかしくない息子。」だと表現しています。うまい比喩の仕方です。そうですね~、順序は違いますが、『知っておくと役に立たない神秘的な雑学辞典』は勉強のできる優等生な長男って感じですし、『新西遊記』はナPDの表現の通り危なっかしいけど人のいい3番目って感じです。

初回放送を観ましたが、キュヒョンの弾けっぷりとクリリン(ソン・ミノ)のボケっぷりがなかなか面白くって、今回のシリーズも期待できそうですよ。ピッコロ(イ・スグン)も色んな意味で面白いし・・・。まだまだ旅は始まったばかりですが、頭からっぽで楽しめる、そんな感じです。

 

ナPDと一緒に演出を担当しているシンPDは、今回のシーズンを『地獄の黙示録』とサブタイトルをつけたいくらいと表現していますので、前シリーズ以上にドタバタハチャメチャになるんでしょうね。『地獄の黙示録』期待してます。

スポンサーリンク


 - ナPD, ニュース, 番組