SBSドラマ「愛の温度(사랑의 온도)」 登場人物紹介 グットスープ編

   

SBSの月・火ドラマ「愛の温度(사랑의 온조)」の登場人物の紹介第2弾!グットスープ編です。登場人物を取り巻く重要なキャラクターたちですよ。

スポンサーリンク

チェウォンジュン(シム・ヒソプ)

代々 医者の家系である。当然職業は医者を希望し、医者になった。実際にやりたい仕事は料理を作ることであるにもかかわらず。時々国籍不明の料理を作りながら、夢に対する飢えを埋めていた。ジョンソンとランニング同好会で出会い、自分より幼いがアイデンティティは確実で、またはっきりとしていてやさしいジョンソンが好きである。彼の料理もまた。

公衆保健で働いている時、休暇でジョンソンが働いているフランスのお店に行き料理人になることを宣言し、ジョンソンがいるフランスに旅立つ。その有名な食堂で働いた後、ジョンソンと一緒に韓国に帰国する。2人で食堂を営むために。厨房ではジョンソンの副厨房長ではあるが厨房を出るとお互いの人生を支え合う友達だ。ホンアと大学の時に合コンをしたが断られ、ずっと利用され続けている。

 

キム・ハソン(チャ・インハ)

アメリカciaを卒業後、ジョンソンの料理が気に入りグットスープに入ってきた。

 

カン・ミンホ(ピオ)

楽天的な性格でかわいさがある。また未婚の母を持ち、恵まれない家庭のためヒップホップで自分の鬱憤をはらしていたが、母親が病気になったの境に料理を始めた。ホテルの厨房で仕事をしている時にジョンソンの料理を食べ、ジョンソンに見習いとして入ると言いグットスープにやってきた。

スポンサーリンク

オ・ギョンス(イ・ガンミン

国内の調理学校を卒業、 ファインダイニングや料理開発に関心はない。楽天的でストレスを受けにくい性格である。ただともかく美味しい料理を作りながら人々と分かち合うのが夢で、休みの日には美味しいお店巡りをしている。

 

イム・スジョン(チェ・ソヨン)

サバサバした性格でやさしい。笑いながらも言うことは言い、カリスマ性がある。ダメだといえばダメで、厨房のスタッフたちを牛耳っている。

特に見習いのミンホが弟のようで可愛がっている。

 

まるでコーヒープリンス1号店、アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜の再来のようなイケメン祭りでございます。

SBSドラマ「愛の温度(사랑의 온도)」 主要登場人物紹介

スポンサーリンク


 - ドラマ, 愛の温度