CNBLUEヨンファ 軍入隊を延期するために大学院へ進学?そして特別入学疑惑

   

バラエティー番組「島銃士」ではモノマネを炸裂させていた彼に驚きの疑惑です。CNBLUEのヨンファが、面接もなく大学院へ入学したとの疑惑が出ています。

スポンサーリンク

キョンヒ大学が特別入学疑惑を受けているアイドル歌手チョン・ヨンファが面接もなく入学したという事実が確認されれば、入学を取り消すことを明らかにしました。
キョンヒ大は19日、報道資料内で「入試志願者(チョン・ヨンファ)が大学院が告知した日時及び場所で面接選考が行われていないことが最終確認された場合、大学院の関連規則に従い、即刻入学取り消し処置とする」と発表。面接選考なしでチョン・ヨンファを合格させた容疑で警察の捜査を受けているキョンヒ大のイ某教授については「捜査結果によっては、面接選考委員の規則に従い適切な手続き(職位解除等)を行う予定」と説明しています。

また「不適切なことで社会的に物議を呼んだことは申し訳ない。今回の事案について、大学関係部署が徹底的に調査を行っている」と明らかにしています。ただ、疑惑については「調査結果で該当志願者(チョン・ヨンファ)は面接を受けて合格したと確認できているが、警察が容疑をかけている通り、面接選考を含めた違反事項がないか調査中」と説明しています。キョンヒ大学側は、「今回のことは、国内の大学院の面接選考が個別学科中心で運営されているシステムが引き起こしたこと。このシステムで選考委員として参加している学科教授たちのルール違反を細かく管理・監督するには限界があり、この部分を改善していく」と強調しました。

警察によるとチョン・ヨンファは2016年10月、キョンヒ大応用芸術学科博士課程に志願したが、面接評価に出席せずに不合格。その2ヶ月後の追加募集の時も面接会場に現れなかったが、最終合格しています。ソウル地方警察庁知能犯罪捜査隊は、チョン・ヨンファと学科長だったイ教授を業務妨害容疑で立件し、捜査中。

チョン・ヨンファは最近MCとして合流したバラエティー番組を降板、20、21日のソロコンサートの記者会見も中止しています。コンサート自体は予定通り行われますが、その後の活動についてはまだ何も明らかになっていません。

スポンサーリンク

入学時の選考疑惑も話題ですが、大学院の博士課程への進学は、軍入隊の先延ばし行為ではないかという話題も持ち上がっています。

ある報道では、所属事務所の職員の業務用ノートに「2016年8月2日だった入営(入隊)スケジュールを9月30日に延期」「また・・・博士課程進学予定で2度目の延期」と書かれていたのだとか。大学院への進学等の名目で何度か入隊を延期したということ。元スタッフは「チョン・ヨンファさんが入隊を延期するための手段として大学院へ進学したと理解している。実際、願書を出したりなど本人が直接おこなってない。他の芸能人たちもこのような方法で入隊を延期する場合が多い。オンライン講義の出席チェックを代理で行う担当スタッフがいるほど」だと証言しています。
大学院進学を理由に軍入隊を先延ばしにすること自体が問題ではなく、面接試験場に行かなくとも合格し、物議を呼んでいるなか、進学の動機についての証言(軍入隊を先延ばしにする手段が進学ということ)まで出てきて、より一層波紋が広がりそうです。所属事務所は大学院博士課程の進学と軍入隊とは一切関係ないと公式発表を出しています。

以下公式発表です。

FNCエンターテイメントです。本日報道があったチョン・ヨンファに関連した前職員の主張について当社の考えを表明いたします。
大学院博士課程への進学は、該当学科に対する関心と大学側の要請等により行ったことであり、入隊延期とは全く関係のないことです。チョン・ヨンファは芸能活動を理由に適切な手続きを経て入隊を延期したものであり、入隊を延期する手段として大学院博士課程に進学したという主張は事実無根です。
また、前職員が主張している代理出席もやはり事実ではなく、これに関した虚偽事実の流布が続く場合、法的処置も考慮しております。
チョン・ヨンファは何度もメディアのインタビューを通じ、入隊の意志を明確にしており、軍服務するタイミングが訪れれば誠実にこれを遂行することと存じます。

チョン・ヨンファは、これ以前にもイメージを墜落させることがありました。
2016年の株式の不当取引騒動でイメージを失墜させています。「有名芸能人スカウト関連の未公開情報」を利用し、FNCエンターテイメントの株式を取得した容疑(資本市場及び金融投資に関する法律上の未公開重要情報利用行為)で検察の捜査を受けた事実が明らかになり、騒動となりました。当時チョン・ヨンファは、無罪処分となりましたが、イメージが回復していない状態でのこの再びの騒動で、今後の芸能活動に赤信号が点ったといえます。最近はバラエティー番組に立て続けで出演し、活発に活動中だったチョン・ヨンファですが、この騒動によりレギュラー出演しているバラエティー番組「トークモン」を降板しています。

バラエティー番組「島銃士」で、モノマネをしたりちょっと過剰?!なほどではありましたが好青年ぶりを見せていました。株式騒動や今回の件があり、「島銃士」で見せていた姿は、今思うと失墜したイメージを回復させるための過剰な演出?と思わざるを得ませんね。本当の彼のキャラクターだったのかもしれませんが・・・。

スポンサーリンク


 - KPOP, ニュース